大手企業C社 品質調査

C社が運営するコールセンターの品質調査を定期的に実施し、現状の把握から問題点の抽出、研修プランの策定と実施まで、専用に設計された品質調査をご提供。


より客観性を高めた応対品質調査

コールセンターの品質を向上するには、まず現状を知る必要があります。事前の打合せ後、対象となるコールセンターのフローを確認の上、現状調査を実施します。同時に、ベンチマークとしている企業の調査を実施することにより、品質調査の客観性を高めます。

case3_img01.jpg

顧客視点」による顧客満足度調査

コールセンターをご利用された顧客に対して発信を行い、アンケートによる顧客満足度調査を行います。直接、顧客へ電話調査をすることにより、顧客視点での評価を頂けることに加えて、C社の品質に対する姿勢に好感を持っていただくことが可能です。また、カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)施策としても非常に有効です。
調査では、コールセンターの応対に関する事項はもちろん、サービス事業内容についても顧客の本音をヒアリングします。

case3_img02.jpg

調査結果をもとに研修プランを策定、実施

応対品質調査と顧客満足度調査をもとに、コールセンターの強み・弱みを分析し、今後の研修プランを策定・ご提案します。画一的なサービスと違い、コールセンターごとに異なる問題に対してのソリューション型サービスプランとなっており、ご好評をいただいております。
また、「クレーム対応研修」や「ビジネストーク研修」など、ご要望に応じて追加実施しております。

case3_img03.gif

その他インバウンド実績

メディア系コールセンター

TOP