今さら聞けないマーケティング用語!SEOとSEMとは?

マーケティング用語には横文字や略語が多く、なかなか覚えられないという人は多いのではないでしょうか。会議中に専門用語が使われてもその場で聞くこともできず、わからないまま過ごしている人もいるかもしれません。今回は、インターネットマーケティングにおいて使われる用語のなかでも、頻出するSEOとSEMについて、その意味や違いを詳しくお伝えします。正しく理解して今後のマーケティングに生かしましょう。

SEOとSEMの違いとは?

最初にSEOとSEMの内容を確認し、それぞれの違いを理解しましょう。

まず、SEOとはSearch Engine Optimizationの略語であり、「検索エンジン最適化」を意味します。検索エンジン最適化とは、検索エンジンの上位にコンテンツを出すようにサイトにさまざまな設定をするマーケティング手法のことです。最適化できれば広告費をかけずに、検索エンジンの結果上位から自然と見込み客をサイトに呼び込むことができるでしょう。

それに対し、SEMはSearch Engine Marketingの略語であり、検索エンジンをターゲットとしたマーケティング全般のことを指しています。上述したSEOもSEMに含まれており、SEOのように広告費をかけずに行うマーケティングだけでなく、コストがかかるリスティング広告のような手法もSEMの一部。ただし近年、欧米においてSEMは、費用のかかる検索エンジンマーケティングのみを指すことが多くなっています。日本においても同様に、費用がかかるマーケティングのみを意味する場合があります。

SEOの主な手法は?

では、それぞれの手法について具体的に確認しましょう。まずは、SEOの主な手法についてです。

SEOでは、自社のサイトがGoogleなどの大手検索エンジンから良い評価を受け、質の高いサイトとして上位に表示されるように対策を行います。リスティングなどの費用がかかる方法ではなく、アクセスを増やす際に直接的なコストがかからない方法のみに限定されます。手法としては、大きく分けて、オンページSEOとオフページSEOという2種類があります。

オンページSEO

オンページSEOとは、該当するサイト内で行うSEOの手法です。代表的なものとして、ページごとのタイトルタグや画像のALTタグを埋め込んだり、URLやメタディスクリプションのなかに、指定する検索キーワードを埋め込んだりする方法があります。
そのほか、サイト内に掲載する記事内容の質を向上させたり、サイトの読み込みスピードを速めるために画像を圧縮したりするのも、SEOの手法です。

オフページSEO

一方で、オフページSEOは、自社サイトそのものに手を加えるのではなく、ほかのサイトを使って自サイトの評価を高める手法の総称です。オフページSEOの代表的なものとして、リンクビルディングがあります。

リンクビルディングでは、外部のメディアに自社のコンテンツURLをリンクしてもらったり、SNSなどでシェアされたりして、ニーズの高いサイトであることを検索メディアに評価してもらうのが目的です。質のよいサイトを作り、多くの人や企業が自らリンクを作成してもらえるのが理想であり、拡散による認知度アップにも役立ちます。

SEMの主な手法は?

今度は、SEMの手法を見ていきましょう。

SEMは、リスティング広告のように費用をかけて、自社サイトを検索上位に表示させるのが主な手法です。リスティング広告は広告を表示させたい検索エンジンを使い、特定のキーワードを指定して、そのキーワードが検索されたときに、目立つ位置に広告が表示される仕組みです。クリックされるごとに課金されるCPC(Cost Per Click)方式が一般的で、検索エンジンに自社サイトの広告を出すだけでなく、関連性の高い他社サイトの広告枠を利用するディスプレイ広告もあります。また、自社サイトを訪れたユーザーを追跡し、広告枠のある他社サイトのなかで、指定の広告を表示させるリターゲティング広告など、費用や営業指針に合わせて、さまざまな方法が活用できます。

こうしたリスティング広告は、一般的にGoogle AdWordsが主流となっているものの、Yahoo!が提供するものや、スマートフォンでの広告表示に特化したものなど、さまざまなツールがあります。自社の目的に合ったものを選択してください。

SEOとSEM、どちらが効果的?

マーケティングを実践するうえで、費用対効果を含めた成果が求められます。その点、できるだけ広告費をかけずにサイトのアクセスを増やすSEOは、欧米をはじめ、国内大手の企業も積極的に取り組んでいる手法。ネットマーケティングにおいては定番の方法ともいえます。
しかし、必ずしもSEOだけが有利に働くわけではありません。SEM対策も同時に行うことで、戦略的なマーケティングが可能になるでしょう。どちらを優先するのかを安易に判断するのではなく、より効果的な方法となるよう、それぞれの手法がいきるベストな活用法を考えてみましょう。

 

参考:

SEOとSEMの違いは何か?図解にすると簡単にわかる | Free Web Hope

関連記事