マーケティングにおけるパーソナライゼーションとは?

スマートフォンやタブレットが普及したことで、日常的にインターネットが利用できるようになり、同時にオンライン広告を目にする機会が増えています。そうした状況のなか、頻繁に視界に入るオンライン広告に慣れた消費者は、オンライン広告そのものへの興味が薄れてしまい、かえって逆効果になってしまっているケースもあるようです。

そこで、注目され始めたのが「パーソナライゼーション」と呼ばれる手法です。消費者からの反応を高確率で得られるマーケティング法として広がっています。今回はパーソナライゼーションの重要性について、事例も含めつつ解説しましょう。

パーソナライゼーションとその目的とは

パーソナライゼーションとは、従来のようなマス向けのメッセージではなく、個人に向けたメッセージを届けるマーケティングの手法です。お客様に関するさまざまなデータを分析し、オートメーション技術を用いて特定の個人にメッセージを届けます。

パーソナライゼーションを行う最大の目的は、対象となるお客様個人とマーケティングを通じて「会話」をすることにあります。お客様全体に同じメッセージを届けるのと違い、個人レベルでお客様との交流をすることにより、潜在顧客を顧客へと育てていくことが可能です。

カスタマイゼーションとの違いは?

パーソナライゼーションと真逆の方法となるのが、カスタマイゼーションです。これは企業がデータを使って行うパーソナライゼーションとは逆に、お客様自身が自分で設定(カスタマイズ)することを指しています。

カスタマイズの代表的な例として、企業メルマガの受信選択があります。オンラインストアを利用後、「ショップからのメッセージを受け取るか」「関連商品の情報を受け取るか」といった選択肢が表示され、お客様が自身で選択します。それこそがカスタマイゼーションの手法です。パーソナライゼーションとの違いは明確です。

パーソナライゼーションを成功させるポイント

パーソナライゼーションを実施するに当たり、最大の課題となるのが、必要なツールや人材の確保でしょう。パーソナライゼーションを成功させるためには、ハイレベルなデータ収集と分析が不可欠です。より詳しい情報が得られるだけのテクノロジーツールを導入するだけでなく、情報を常にモニタリングして戦略を立てられるチームも必要となります。

また、データの回収や分析を行う際は、顧客データベースを手際よくセグメントする必要もあります。メッセージを個人レベルですべて変えるのが理想ですが、最初からそこまで細かいパーソナライゼーションを実施するのは難しいでしょう。まずは似通ったお客様同士をセグメンテーションすることから始め、徐々に個別化を進めることになります。最初のうちは、「サイトで購入をしたお客様」と「サイトで購入していないお客様」という2つのセグメントに分けてメッセージ内容を変えてみたり、性別や年齢別のセグメントに分けてみたりするだけでも、セグメントしないメッセージに比べればマーケティングの効果が高まります。

パーソナライゼーションの事例

お客様がオンライン上でとる行動を深いところまでデータとして得ることができる現代、パーソナライゼーションの可能性は広がる一方です。ここでは、数あるパーソナライゼーションの手法のなかから代表的な事例を見ていきましょう。

ターゲットメールの配信

ターゲットメールは、事前に承諾を得たユーザーに対して配信されるメール広告で、パーソナライゼーションで非常によく使われる手法です。先述したように、年齢や性別、購買行動など、さまざまなセグメントに分けることで簡単にパーソナライゼーションをすることができます。

まずは、メルマガの登録ページなどを用意し、データの入手を行いましょう。そのうえでツールを使い、購買行動やどのような商品に興味を持っているのか深くセグメンテーションしていきましょう。

おすすめ商品の提示

次によく知られるパーソナライゼーションの事例は、お客様ごとに「おすすめ商品」を表示させる方法です。オンラインストアや動画配信サイトで実施されることが多く、お客様に合わせて「おすすめ商品」が提示されます。お客様がそれまでに選択してきた行動をデータ化し、その分析の結果をもとに行われています。

さらに効率を高めるために、AIを活用したパーソナライゼーションを実施している企業もあります。しかし、導入するためには特殊な技術が必要であり、コストがかかります。まずは自社のデータをもとにパーソナライゼーションを実践していくところから始めてみましょう。

AdSense広告

Google AdSenseの広告は、別名「パーソナライズド広告」とも呼ばれています。その名称どおり、AdSenseはお客様個人のwebサイト閲覧履歴をもとにパーソナライズされた広告を表示させるツールです。Googleが提供をしている設定方法のマニュアルに沿えば、初心者でも比較的簡単に始めることができます。

できるところから始めよう

テクノロジーの進歩に伴い、お客様はますます「自分宛て」のマーケティングメッセージを求めるようになっています。メッセージの個別化が難しい場合でも、メルマガの冒頭にお客様の名前を入れるだけでも大きな違いが出るはずです。よりお客様に響くマーケティングを行うためにも、パーソナライゼーションの手法を取り入れてみましょう。

 

参考:

関連記事