新たなデジタル環境への変革。デジタルトランスフォーメーションとは?

パソコンやインターネットの普及に始まり、近年ではスマートフォンやタブレットといったモバイル端末が一般化するなど、周囲のデジタル環境は常に変化しています。企業においても「メインフレームと端末」から「クライアント・サーバシステム」へ移行したプロセスは、ビジネスに大きな影響を与える変革だったといえるでしょう。

こうしたデジタル環境の変革によって新たな段階へと進化する動きは、概して「デジタルトランスフォーメーション」と称されます。IT系の企業だけでなく、あらゆる業種に影響を与えるデジタルトランスフォーメーションとはどんなものなのか、詳しく解説します。

デジタルトランスフォーメーションとは?

「トランスフォーメーション」を直訳すると「変革」。つまり、デジタルトランスフォーメーションとは、これまでのデジタル環境から、新しいデジタル環境への変革を意味するビジネス概念といえます。ただし、デジタル技術を利用して業務を効率化する、といった特定分野のみを指すものではありません。デジタルトランスフォーメーションは、「デジタルテクノロジーを用いた既存ビジネスの再構築」「新ビジネスの創出」といった、デジタルの活用によって新たな価値を生み出していく、ビジネスプロセスそのものの変革を意味しています。

デジタルトランスフォーメーションを具現化している企業といえば、ソフトウェアメーカーのマイクロソフト社が挙げられます。日本マイクロソフト株式会社は、2018年2月に、IDC社と共同で行った調査結果を公表し、「2021 年までに、デジタルトランスフォーメーションが日本の GDP に約 11 兆円貢献する」という予測を発表しました。積極的にデジタルトランスフォーメーションに取り組む企業ほど、業務効率化の実現や、高い付加価値の創出が期待できるといえるでしょう。

なぜ、デジタルトランスフォーメーションが必要なのか

ビジネスシーンにおいて、デジタルトランスフォーメーションが求められる理由のひとつに、「消費者の購買行動の変化」があります。

インターネット利用が日常化し、SNSなどで多くの情報を集められる現代では、以前のようにテレビCMや新聞広告などを通して、一方的に送られてくるマス広告のみに左右される消費は減少しています。一方で、消費者は購買判断に必要な情報を自ら積極的に集めながら、インターネット上やアプリなどを使って購入に至るケースが増え、消費行動そのものがデジタル化しつつあります。こうした消費者の購買行動を理解するとともに、先回りしたマーケティングを行うためには、企業においてもデジタルテクノロジーを駆使した顧客体験設計が必要です。顧客とのタッチポイントにおいて、よりきめ細やかに消費者本位の情報提供をするためには、企業側もデジタルへの変革が求められるというわけです。

第3のプラットフォームへの移行

デジタルトランスフォーメーションは「新たなデジタル環境への変革」を意味していますが、では、具体的に「新たなデジタル環境」とは何を指すのでしょうか? 

それを説明するのが、「第3のプラットフォーム」といわれる新しいビジネス基盤です。第3のプラットフォームは、「ソーシャル」、「モバイル」、「クラウド」、「インフォメーション(ビッグデータ)」で構成されており、これらの4要素が今後のビジネスに欠かせないものであるといわれています。

「モバイル」はひとり1台の時代となり、ユーザーは情報にいつでも瞬時にアクセスできるようになりました。「ソーシャル」は他者との情報共有を通して購買決定に大きな影響を与える口コミを生みます。いつでもアクセスができる「クラウド」は業務効率を高めています。「インフォメーション(ビッグデータ)」の分析によって、かつては不可能だった詳細なユーザー分析が可能となりました。このように第3のプラットフォームは、ビジネスに大きな影響を与えています。

第3のプラットフォームを利用したデジタルトランスフォーメーション事例

多くの企業がデジタルトランスフォーメーションを進めるなか、具体的な成功例としてうかがえる事例を紹介しましょう。

  • Amazon
    デジタルトランスフォーメーションを成功させている代表的な企業として挙げられるのが、Amazonです。最新のデジタル化を進めながら、全国の小売業に大きな影響を与えました。当初はインターネット書店という位置づけでしたが、UIやレコメンデーションを利用して急速に市場を拡大しています。

  • Uber
    デジタル技術を活用したカーシェアリングサービスで、タクシー業界に変革をおこしたUber。「所有している車があり、同時に空き時間がある人」と「車での移動を希望する人」をマッチングさせ、一般の人が自家用車で他者の移動を助けるという仕組みを構築しました。マッチングを実現するデジタル技術は高度でも、アプリひとつで誰もがサービスを享受できるという気軽さは、まさにデジタルトランスフォーメーションの成功例といえるでしょう。

あらゆる企業に対応が求められている

デジタルトランスフォーメーションは、デジタル技術を活用した消費者への価値提供だけでなく、業務プロセスやビジネスモデルの構築にまで影響を与えます。デジタル分野に特化した企業に限らず、あらゆる業種において、今後ますますデジタルトランスフォーメーションを考慮したビジネスが求められるでしょう。

 

参考:

関連記事