マーケティングの基本となる手法3選

マーケティングとひとことでまとめてしまいがちですが、マーケティングの中にもさまざまな種類が存在します。デジタル社会のいま、マーケティング担当者がもっとも注目すべき手法はデジタルマーケティングです。今回は、マーケティング担当者が知っておくべき、もしくは、知っていてももう一度見直すべきマーケティングの基本の3種類を紹介します。

SNSマーケティング

一世代前は、企業からマスに向けたダイレクトメッセージを送るマーケティングでも問題なく効果がある時代でした。しかし、現代のマーケティングはそのような手法では多大な効果を期待することはできません。なぜならば、現代の顧客層は企業からのダイレクトメッセージよりも、SNS上での口コミや評判に耳を傾ける傾向があるからです。そこで活躍するのがSNSマーケティングです。

SNSとは「ソーシャルネットワーキングサービス」の略であり、SNSマーケティングの基本はSNS上で顧客とのコミュニケーション(ネットワーキング)をすることとなります。つまり、SNSマーケティングの最も優れている点は、顧客と企業間での会話がSNS上でできるところなのです。よって、SNS上で自社のメッセージを発信するだけではSNSマーケティングを有効に活用できていないということになってしまいます。

ネガティブなコメントが来ることを恐れてコメント機能自体を止めてしまう企業もありますが、ネガティブなコメントこそ大切にすべき自社へのフィードバック。それらのフィードバックに対し、きちんと丁寧に返事をすることが重要なのです。そのやり取りをSNS上で見た第三者が、「この会社はほかと違って顧客対応が丁寧だ」と感じ、口コミや評判を広めるきっかけにもつながります。

また、分析ツールを使うことによりさまざまなデータを取得することができます。それらの情報を元に、顧客からの反応が多い時間帯に投稿をするなど、常に戦略に改善をしていくことがSNSマーケティング成功への秘訣です。

Eメールマーケティング

Eメールマーケティングとは、名前のとおりEメールを顧客に送るマーケティング手法です。しかし、同じ内容のEメールを購読者全員に送信するだけでは、企業からのダイレクトメッセージとしてみなされてしまい効果は期待できません。

効果を出すためには、オンライン上で得られるデータの分析をして顧客のセグメンテーションを行うことが大切です。たとえば、ウェブ上で特定の商品ページを訪れた人にはその商品に関する情報が書かれたEメールを送信したり、PDFなどのコンテンツをダウンロードした顧客にはそのコンテンツの関連商品や関連するコンテンツを紹介するEメールを送信したりと、戦略に組み込めるEメールの種類は無限大にあります。

多くのEメールマーケティングキャンペーンは、CRMに付随するオートメーションツールで設定が可能です。デジタル社会では、デジタルツールを有効活用することで効率のよいマーケティングが行えます。

SEOマーケティング

現代の顧客層は、ネット上で自分の欲しい情報の収集をすることができます。SEO(Search Engine Optimization)マーケティングとは、まさに潜在顧客が情報検索をしている際に、自社のウェブサイトへ自然に顧客を呼び込むことを目的としたマーケティング手法となります。

SEOマーケティングで大切なことは、自社の顧客層がどのようなキーワードで検索を行っているか分析し、キーワード戦略をつめることです。それにより、ネット検索でより幅広いユーザーに自社をアピールすることが可能となります。

たとえば、「ハチミツ」を売りたいA社があるとします。商品の顧客層は20代の女性であり、分析の結果、キーワードとして「美容効果」「簡単レシピ」という2つを設定したとします。そのキーワードをもとに、「ハチミツの美容効果」「ハチミツの簡単レシピ」など、さまざまなコンテンツを作成、自社のブログでコンテンツを公開します。すると、美容効果について検索している人(潜在顧客)の検索結果に自社のコンテンツが表示され、今までリーチすることのできなかった顧客層に「発見」してもらうきっかけが生まれるのです。

企業からの広告メッセージでなく、顧客が欲している情報を基に顧客をひきつけるSEOマーケティングは、企業からのダイレクトメッセージになびかない現代の顧客層に適しているマーケティング手法です。

3種類を使いこなしてデジタルマーケティングを効率的に

SNSマーケティングやEメールマーケティングのキャンペーンは、顧客層に響くキーワードを駆使したコンテンツがあってこそ成り立ちます。つまり、ここで紹介したマーケティング手法は、すべて行うことにより相互的な利益をもたらすのです。

しかし、マーケティング手法は時代とともに非常に早いスピードで進化しています。ですので、ここで紹介した手法だけでなく、マーケティングのトレンドに常に敏感になり、新しい手法を試していくことが現代のマーケティングの基本といえるでしょう。

関連記事