ブランド戦略を成功させるために必要な3つのポイント

ブランド戦略を立てることが大切だということはよく耳にしますが、実際どのようなことをすればよいのか理解できていますか? ブランド戦略をすることは、企業にとって一番大切なことであり、同時に一番難しいことでもあります。今回は、ブランド戦略の立て方の基本となる事項を再確認していきます。

ブランド戦略とは?

ブランド戦略とは、長期的に考えた企業のアイデンティティーを確立させるために行う戦略のことを指します。つまり、世の中の人に認知してもらうほどのインパクトのあるアイデンティティーのことを意味します。もう少し簡単に言うと、同じようなサービスや商品を売るほかの企業と、自分の企業に「違いをもたらす要素」が ブランドだということになります。よく間違われるのが、企業のロゴやウェブサイト、商品といった形のあるものをブランドだと思われていることです。しかし、ブランドとはそれ以上のことを表します。

例えば、Appleのブランド戦略は「人のライフスタイル、想像、パッションなど、人の感情に焦点を当て、テクノロジーによって感情を高める」ということが軸にあります。その戦略あってこそ、人の感情に響くようなダイナミックなデザインや音楽を使い、Appleは自社の商品をプロモートしています。

このように例で考えてみると「ブランド戦略」と、実際の商品やデザインは別のものであるということが理解できます。では、ブランド戦略はどのようにすれば立てることができるのでしょうか。

戦略立案時に気をつけたい3つのポイント

企業がブランド戦略を立てるときには、戦略の中に以下にまとめる3つのポイントが含まれているか確認することが重要となります。これら3つのポイントをもとに、具体的な戦略や手法を決める判断を行います。

  • 存在する目的

最初に企業が考えなければならないことは、「なぜ自社は存在するのか」という存在する目的です。もちろん、極論的なところをいうと企業が存在する目的とは「◯◯を売ってお金を儲ける」というところでしょう。しかし、その一歩先にある、社会的にどのような貢献をするために存在するのかというところを考えてみましょう。

例えば、世界各国にチェーン展開する家具量販店「IKEA」が提示している目的とは、「より多くの人により良い毎日を送ってもらう」ということです。そのために、IKEAは人々が日常的に使う家具に工夫をして、機能性が良く使いやすい家具を売ることを通してその目的を達しているのです。このように、「◯◯を実現させるためにXXのような商品を作っている」というような考え方で、自社が存在する目的を今一度考えてみてください。

  • 一貫性

次に大事なことは、ブランド戦略にはとことん一貫性を保たせるということです。例えば、先述したAppleというブランドを思い浮かべてみてください。テクノロジーを無駄なく見せるデザインや、インパクトのある写真、スタイリッシュな文字が浮かんだのではないでしょうか。このように、ブランド戦略をたて、ブランドを確立する際には企業が発するメッセージ(画像、コピー、商品デザインなど)すべてに一貫性を持たせることが必要なのです。一貫性がないと、Appleのように「◯◯といったらXX」と思ってもらうことは不可能です。

ブランド戦略に一貫性を持たせるためには、戦略を立てる時点で「スタイルガイド」を作る必要があります。このスタイルガイドには、1つ目で定義した「存在する目的」を軸に、コピーのトーン、カラースキーム、画像の雰囲気などを定義するだけでなく、商品ごとにどのようなポジショニングで売っていくのかというようなことまでもまとめましょう。ブランド戦略を成功させるためには、企業全体が戦略を把握しておく必要があります。よって、スタイルガイドは社員全員に企業が目指すブランド戦略を示す役割も果たします。

  • 感情的なインパクト

最後に大切なことは、ブランド戦略に「感情的なインパクト」を付け加えることです。消費者がものを買うときは、必ずしも論理的に考えて購入するわけではありません。例えば、なぜ人はデパートで売っている1万円のバッグではなく、何十万、時には何百万円とする高級ブランドのバッグを買いたがるのでしょうか。それは、頭で論理的に考えているわけではなく、「このブランドを持つとカッコイイ」などという消費者の感情が働いているからです。

ブランド戦略をまとめる際には、顧客ベースと「感情的レベルで繋がれる」何かがないか考えてみてください。◯◯を買うと「生活が楽になる」、◯◯のカスタマーサービスは「安心できる」、◯◯を使うと「地球に優しい」など、なにか必ずブランドと顧客を感情的に繋ぐことがあるはずです。

ユニークなブランドを築くことが成功には不可欠

同じような商品を売る会社はたくさんあります。しかし、顧客に自分の企業を選んでもらうためには、顧客の心に響くブランド戦略を設立し、他社と違う面を作らなければなりません。ユニークなブランドを立ち上げるのは容易なことではありませんが、ブランド戦略を成功させることがビジネス成功へとつながるのです。

また、どうしてもブランド戦略を立てることに苦戦している場合、自分の好きなブランドがどのようなブランド戦略を立てているのか調べてみてください。インスピレーションを得ることから見えてくることがあるはずです。


参考:

関連記事