プライベートDMPって何?導入のメリット、デメリット

近年、マーケティングのトレンドとして注目を集めている「DMP」。

「Data Management Platform(データ・マネジメント・プラット フォーム)」の略語で、インターネット上に蓄積されたあらゆるデータを一元管理するプラットフォームのことを指しています。

DMPは「プライベートDMP」と「パブリックDMP」の2つがあり、それぞれの特性や活用法は異なります。今回はDMP運用を考える企業に向けて、その2つの違いとともに、プライベートDMP導入時のメリット・デメリットについてお伝えします。

プライベートDMPとは

プライベートDMPとは、自社で保有しているお客様の属性や嗜好、購買行動などのデータを統合的に管理するプラットフォームのこと。または、こうしたプラットフォームを活用するマーケティングの名称としても使われています。基本的には、自社独自のデータを主として取り扱うものですが、外部データを組み合わせることで精度を上げる方法も含まれます。

プライベートDMPで使用するデータには、お客様が会員として登録した情報や自社サイトにおける行動履歴のほか、実店舗で集めた情報などのさまざまな情報が含まれます。膨大なデータを基にお客様をより細かくセグメント化し、それぞれのお客様に合った販促メールや広告配信などを行うのが大きな目的です。

セグメント化において使用されるプライベートDMPには、「最近サイトへのアクセスがないユーザー」、「お問い合わせフォームの途中で離脱したユーザー」などがあります。マーケティングを行ううえで、Eメールでお得なキャンペーン情報を送ったり、お客様層の興味を引きやすい広告を配信したりといった施策を実施することがあるでしょう。その際、プライベートDMPを活用することで、より具体的なセグメントに絞り込むことができます。

パブリックDMPとの違い

一方で、パブリックDMPは、外部データを主とするプラットフォームです。外部のデータ提供業者やDSP(Demand-Side Platform)から提供されるホームページの閲覧情報やユーザーの購入履歴、デモグラフィック情報などのデータを一元的に蓄積、管理していくもの。「オープンDMP」と呼ばれることもあります。
また、同様のデータを活用したマーケティング手法の名称としても使われています。

パブリックDMPは第三者データとしての価値があり、自社ではリサーチできていない範囲まで広く情報を得られるのが大きな利点です。

このように、パブリックDMPとプライベートDMPにはそれぞれ異なる特性があります。第三者データを扱うパブリックDMPは、自社サイト外でのお客様の行動が分かるなど、広範囲から集めた情報ならではのメリットが得られます。一方でプライベートDMPは、実店舗から得られたオフライン情報を取り込むなど、柔軟な活用が可能なうえに、外部データを組み合わせることで分析の精度を上げられるといった効果が期待できます。どちらの手法も利点がありますが、すでに蓄積されている内部データの活用が可能な「プライベートDMP」を活用することは、マーケティングの基本となるのではないでしょうか。

プライベートDMP導入のメリット・デメリット

では、実際にプライベートDMPを導入すると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリットは「業務効率」が上がること

さまざまなデータを統合管理することで、マーケティングを効率化できるのが大きな利点です。現状として「自社サイトから収集した情報」と「実店舗で集めた情報」をそれぞれ別々のプログラムで管理しているのであれば、お客様の「全体像」はつかめません。個別に管理されたデータを統合し一元化すれば、個々のお客様情報を全て無駄なく利用でき、アプローチの手段もより具体的になることでしょう。また、サイト上におけるユーザーの行動履歴などから新たなニーズやお客様層を発見することも可能になります。

プライベートDMPを取り入れることで、マーケティングの精度が高まり、PDCAサイクルも早まります。結果的にビジネスの成長をより早く見込めるようになるのが、プライベートDMPの総合的なメリットです。

コスト面が課題になる

一方で、デメリットも存在します。大量のデータを管理できるシステムを導入するには、それだけのコストがかかります。お客様数やセグメント化の方針などによっては、プライベートDMP以外の方法を選んだほうが低コストで目的を達成できるかもしれません。自社で扱うデータ量、収益、成長スピードなど、あらゆることを考慮に入れたうえで導入を検討しましょう。

加えて、考慮したいのが「管理体制」です。DMPを活用していくうえでは多くの部署が関わることになり、場合によっては一元化までに時間がかかったり管理しきれなくなったりするケースも考えられます。DMP導入の目的やルールを明確にしながら、事前に管理体制についてよく検討しておくとよいでしょう。

自社に合う導入スタイルを探る

プライベートDMPの導入にあたっては、入念な計画とスタッフの協力体制が不可欠です。メリット・デメリットを考慮したうえで、自社に最適な形での導入・活用を目指しましょう。

 

参考:

関連記事