TOP 事例紹介 > 株式会社エフエム東京 様

C
a
s
e
S
t
u
d
y

株式会社エフエム東京 様
radikoデータ【定量】×リスナーの声【定性】によるデータマーケティングをサポート
  • データマーケティング

TOKYO FMは、首都圏を中心に、全国38局からなるJAPAN FM NETWORK(通称JFN)の中心として、ほぼ全国のエリアをカバーするラジオ局です。

radikoデータの取得をきっかけにデータマーケティングやデジタル戦略をスタートすべく当社にご相談いただきました。

WOWOWで得た知見(失敗体験も含む)をフルに活用し、データドリブンな改善活動をサポートしております。


TFM事例ページ用画像2.png

サポート内容・運用ポイント

定量データと定性データによる2軸でのリスナー理解


・TOKYO FM-DMP(Treasure Data CDP)内のデータ構築/整備
・番組・編成改善に向けたKPIの設計
・上記KPIのダッシュボード化
・ファン化に向けたリスナーステージの作成
・ラジオ及びTOKYO FMの番組に関する市場調査
・アンケートによるリスナーの声の収集
・機械学習によるリスナークラスタ分類
・データ分析に基づくTwitterアカウント運用提案
・他企業とのデータ交換による広告効果検証

成果

・現在進行形で伴走中。「データマーケティングをやってみましょう」からスタートし、"可視化フェース"を経て、そこから何をすべきか? そのために何を導入し、どういう人材を入れるべきか? などを考える"戦略実行フェーズ"の段階へ。



関連記事

株式会社エフエム東京 執行役員 デジタル戦略局局長 嶋裕司様と当社 杉本章の対談がWOWOW FEATURES!に掲載されました。

WOWOW FEATURES!「ファンに選んでもらえる」メディアであるために――TOKYO FM×WOWOWコミュニケーションズのデジタル戦略