TOP 事例紹介 > 株式会社WOWOW 「調査・インタビュー」

C
a
s
e
S
t
u
d
y

株式会社WOWOW 「調査・インタビュー」
生活者を取り巻くデータを収集・分析し、マーケティングのより良い意思決定へ
  • データマーケティング
  • CXの向上・ファン化
  • 売上拡大
  • 離反抑止

   調査によるデータ収集・分析    

 WOWOWグループでは、ファンボイス以外にもお客様のキモチを知る方法の1つとして調査会社のパネルを活用した調査を行っています。定期的に調査を行うことにより、経年による各指標の変化を知り、客観的に自社のサービスの市場における立ち位置を知ることで、マーケティング活動の参考としています。

WOWOWが定期的に行っている調査はお客様のフェーズにより数種類あり、重要指標としている加入意向や継続意向、NPS(ネットプロモータースコア)などの変化を追っています。


① 大規模調査
☞経年推移が把握できる大型調査、自社の健康診断・人間ドッグ的な位置づけ

② 加入者調査
☞WOWOWに加入中の方が対象。継続意向・解約意向など加入者領域の各種指標聴取と推移の把握

③ 一般市場調査
☞WOWOWに加入していない方が対象。加入意向など、一般の市場における各種指標聴取と推移の把握





   特定のテーマを深く掘り下げる、インタビュー調査  

    ~WOWOW解約者へのデプスインタビュー~      


 前述の調査以外に、コンテンツやサービスなど、ある特定のテーマについて深く掘りさげたい場合は、グループインタビュー、デプスインタビュー、訪問調査、ワークショップなど、様々な形式のインタビュー調査を用いることがあります。

 コロナ禍においてはオンラインインタビューを活用することも多く、WOWOWでは2020年にWOWOWを解約されたお客様に対して、オンラインデプスインタビューを実施しました。
WOWOWの解約は電話とWEBで受け付けており、お客様が解約をする際には解約理由をお伺いしています。
解約理由は「見る時間がなくなった」「見たい番組が終了した」「見たいと思う番組が減った」「生活スタイルの変化」などに大別されます。そこで気になるのが「なぜ」そうなったのかという背景の部分です。

デプスインタビューではWOWOWへの加入を検討し始めてから、WOWOWがある生活を経験し、最終的には解約に至るまでの視聴番組や、心情の変化、ライフステージの変化、何があったらWOWOWに再加入をしたいと思うかなどをお聴きしました。

インタビュー.png

 
インタビューで収集した定性データとWOWOW-DMPに格納されている定量データなどをかけあわせることで課題があぶり出され、それまでなんとなく社内にあった仮説が、浮き彫りになりました。ここで得られた知見は、今後の編成・番組制作等に活用していくこととなりました。



   調査・インタビューからマーケティング活動のサポートとなる示唆提供へ    


 調査やインタビューの取り組みはWOWOW以外の企業様にも展開しております。当社は、企業や業務の背景にある課題や目的を理解することに重点を置き、どのような対象者にどのような質問を投げかけたらお客様を理解することができるかを考えながら調査やインタビューの設計、データ収集、レポートの作成、マーケティング活動のサポートとなるような示唆提供を行っています。

まずはお気軽にご相談ください。



関連事例:株式会社WOWOW 「ファンボイス」
関連事例:
株式会社WOWOW 「プライベートDMP」